コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

丸山農園の紹介

コンテンツタイトル下地

ごあいさつ

私たちのおもい

私たちのおもいはとってもシンプルです。
野菜の安心安全はもちろん、美味しい野菜を作ってお客さんを幸せにすることです。

秩父盆地特有の気候を生かして一番おいしい野菜になるよう日々研究し栽培に打ち込んでおります。

S-GAP2020認証農園取得

そんな一環で取得したのがS-GAP2020です。
野菜の安全性はもちろん、働く人の環境や地球環境への安全に配慮した農園運営を行っています。

※S-GAP2020は埼玉県のGAP認証です。

ちちぶ丸山農園の取り組み

100年続く農園を目指して

1SDGsへの取り組み

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を意味し、略して「エスディージーズ」と呼ばれています。ちちぶ丸山農園では持続可能な農業、社会的貢献を考え、SDGsへの取り組みを行っています。100年続く農業を目指して、環境に配慮し、新しい技術も積極的に取り入れています。

2スマート農園・IoT活用

ちちぶ丸山農園では、従来の伝統的な農業とこれからの農業に必ず必要となるIoT活用を取り入れています。定期的な土壌分析を実施。必要なものを必要な分だけ補給、バランスの取れた土づくりを心がけております。超省力化や高品質生産を実現するため試行錯誤を日々繰り返しています。

3S-GAPを取得

ちちぶ丸山農園では、2018年には埼玉県の指標である「S-GAP2020」を取得し、農業の安全・安心の向上を目指した「埼玉県農業生産安全確認運動」を推進しています。

4エコファーム・有機肥料

油粕や魚粉、鶏糞等の植物性、動物性の有機物を原料にした有機肥料を使用した土への栄養補充と土壌改良を行い、手間ひまをかけて土づくりを行っています。

5減農薬への取り組み

お客様に安心安全な野菜を提供できるよう、ちちぶ丸山農園では減農薬栽培への取り組みを行っています。

6土への取り組み

土づくりにこだわりを持っています。秩父地域のウイスキー蒸留所と連携し蒸留所から出たドラフ(大麦麦芽カス)を当園で発酵熟成して出来上がった特製ドラフ堆肥を中心に有機質主体で微生物の多い健康な土づくりを行っています。

7品質向上への取り組み

上記のような取り組みを行い、出荷する野菜の品質向上を常に考えております。今までの農業とこれからの農業の融合。それがちちぶ丸山農園の品質向上への取り組みです。

ちちぶ丸山農園 スタッフ写真
ちちぶ丸山農園 スタッフ写真
ちちぶ丸山農園 スタッフ写真
ちちぶ丸山農園 スタッフ写真

ちちぶ丸山農園概要

農園名ちちぶ丸山農園
代表丸山茂久
設立日2008年4月設立
主な事業内容野菜の生産、販売
取扱商品きゅうり、ヨーロッパ野菜、レタスなど

秩父きゅうり オンライン販売はこちら

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る